大学生時代に行ったアルバイト

大学生の時は色々なアルバイトに取り組んだのですが、その中で一番記憶に残っているのは、引越しのアルバイトです。当時遊び過ぎてしまい、月末の引き落としにお金が足りないので、急遽見つけた単発の仕事が引越し業務でした。この仕事をするのは初めてで、私は普段から体を動かしていません。それでも物を運ぶだけならなんとかなると考えていました。

 

しかし実際に業務に取り掛かると、楽観視していたのが仇となったのです。荷物は大きさや重さがそれぞれなのですが、重い物は本当に運ぶのが辛いです。また、普段から運動をしていない者にとっては、かなりの重労働でした。何度も荷物を運んでいると、徐々に腕や足に力が入らなくなり、仕舞いには怒られてしまったのです。あまりの辛さに途中で帰ることも考えましたが、何とか最後まで業務を全うしました。

大学生時代に行ったアルバイト/学生時代のアルバイトの思い出関連ページ

雑貨屋のアルバイト